Hatena::Groupc-kaiwai

ファミリー席

ファミリー席

ハロプロ関係のコンサート座席の種類のひとつ。親子席。(⇔一般席)

家族連れ、特に、小さなこどもを連れた家族連れのために用意された席種で、立つことが禁じられている。一般席は2連番までの購入制限が一般的だが、ファミリー席は、3連番や4連番までの購入が可能となっている。一応家族向けの席とはいえ、本当に家族連れでなくても、誰でも1枚から購入することができる。

ファミリー席の位置は、通常、1階席PA卓後方(2階以上が存在しない会場の場合)や、2階席最前など、ステージには近くないが、座っても視界が遮られる事なく鑑賞できる位置に設定される。

立って体を動かしながらコンサートを楽しみたい人は一般席を購入する。一般席で座って鑑賞しようとしても、前の人が立って視界が遮られるため、立たざるを得ない。座ってコンサートを楽しみたい人、立って見なくても構わない人、メモリストや、スナイパー(双眼をずっと覗いている人)であったりする人は、ファミリー席を購入する。だからといってファミリー席で盛り上がることができないわけではなく、座ったまま激しく振りマネをする人も少なくはない。

(いわゆる推しメンの)単独コンサートの場合は、激しく動きたいというファンの欲求が大きいため、ファミリー席は避けられやすい。したがって設定されるファミリー席の座席数も少ない。たとえばメロン記念日のコンサートの場合、ファン層にファミリーは想像しにくく、コンサートの内容も激しいためか、ファミリー席が存在しないこともよくある。避けられやすい席だといっても絶対数が少ないから、人気のあるコンサートでもファミリー席ならチケットが取り易くなる、というわけではない。

一方ハロコンは時間も長く、推しメン以外のメンバーも多数登場するため、座席に座ってゆっくり鑑賞したい時間が長い。したがってファミリー席もそれほど嫌われない。加えて最近のハロコンのファミリー席は、ステージ最前かステージ近くの位置に多数用意され、良席のうえ取るのがそれほど困難ではない(落選しまくるというわけではない)から、むしろファミリー席が好まれる傾向もある。(もっとも最近のハロコンは空席が目立つくらいで、座席確保は困難ではない。)

ファミリー席はその性質上コンサート会場中にばらばらに設定されるのではなく、ある程度まとまった位置に設定され、落ち着いた空間を形作っている。しかし、ファミリー席の後端、すぐ後ろが一般席であるファミリー席は、コンサートの間中、後ろの一般席の盛り上がりにより、座席を蹴られたり振動が大きかったり汗が飛んできたりするため、落ち着いて見ることができない。もう立ってしまいたくもなるが、立つことは禁じられている。

ファミリー席の中央には、いわゆる関係者(スタッフ、メンバーの家族など)が、配置されることが多い。ファミリー席に着くとととりあえずファミリー席中央を見て、「あ、あれはみつばちまきさんではないか」などと言うと良い。コンサートが始まってから、ハロプロメンバーがファミリー席中央付近に着くこともたまにある。その際ハロプロメンバーはコンサートが終わる前にそそくさと席を立って会場を出る。