Hatena::Groupc-kaiwai

古参

古参

このキーワードは編集待ちキーワードです

古くからファン/ヲタである者。


新参古参の境界

新参/古参の峻別には、ヲタ活動の対象、つまり推しメン/推しユニットの活動暦のうち、どれだけの期間ヲタ活動をしているかが大いに関わる。しかし活動暦が長いメンバー/ユニットであると、あるエポックメイキングな出来事のあとにヲタになった場合、その出来事から時間が経過していっても新参とみなされ続けてしまうことがある。たとえば中澤裕子であれば2001年4月15日のモーニング娘。卒業以降にヲタになった者は、2006年11月現在で5年半ヲタ活動をしていることになるが新参と呼ばれる可能性が高いし、メロン記念日であれば赤いフリージア(2003年1月29日発売)以降のヲタは新参と呼ばれることが多い。

古参であろうが新参であろうが、重要なのは現在どのような感情を推し対象にもち、どのくらい熱心に推しているかという点だと思われる。しかし「新参」は、自分が歴史上の重大局面に立ち会った経験が希薄であることを過度に内面化してしまい、「古参」に対して劣等感を抱きがちである。たしかに長くヲタであることは評価されうるだろうが、ヲタの価値はそれだけでは決まらないと考えるべきである。


古参最強大手

現場系と在宅系、スタイルの違いによるメンバーからの認知具合の差はなど有るにせよ、古参ヲタというのは、その他のヲタと違い、見てきたものの蓄積による情報量が他のヲタとは違うため、「この時の誰某が何々をした」というような知識が豊富である。

これらの知識は、実生活では何の役にも立たないことが多いが、ヲタという特殊な人間の集う場所ではものしり博士のように扱われる。

オタク・ヲタというものが情報の蓄積を重視する傾向にあるため、ヲタ仲間の中でも、いち早くキッズに目をつけた、エッグに目をつけたとなると、その道の先駆者と呼ばれ、在来のヲタ仲間以外にも新しいヲタ仲間を見つけ、それがまた在来ヲタ仲間からは畏敬の念を持って見られる原因となる。

そのような古参ヲタが、足しげく現場に通う・もしくはサイト運営に本腰を入れている場合、それに比例して認知度数やアクセス数などは高まると言っても良いだろう。なぜなら、最強大手と呼ばれるにはそれなりの時間が必要であるからだ。

しかし、モーニング娘。に新メンバーが入った場合に「俺今日からこの子のヲタになるよ」と言って、即ファンサイトを立ち上げたり特攻服を注文するなどの迅速な対応をする場合は、他の競合者が少ない為に、最強大手と呼ばれる可能性が上がる。よって、最強大手を目指す人間は、このような行動を取る事がある。しかし、オーディション中からサイトを立ち上げた場合、そのメンバーが落選したときのショックは大きく、素人にはオススメできない、諸刃の剣であると言えよう。


関連

* はてなダイアリーキーワード:古参