Hatena::Groupc-kaiwai

最強

最強

最強コンビ

現在Berryz工房 起立!礼!着席!番組内で行われている、コンビで番組を作り、リスナーの投票で最も面白い番組を作ったとされたコンビが優勝という、BHCのタッグ戦!

優勝の行方だけではなく、それぞれの番組の内容も聞き逃せないZ

参考

レコメン! Berryz工房 起立!礼!着席!

Berryz工房が「7組」の

タッグを結成、番組を作って

戦っている起立!礼!着席!

  • 06/11/07嗣永桃子・須藤茉麻「須藤茉麻・嗣永桃子の『すももラブ』」
  • 06/11/14徳永千奈美・熊井友理奈「THE 徳熊ブラックガールズ」
  • 06/11/21清水佐紀・夏焼雅「おばかちゃんズ」
  • 06/11/28徳永千奈美菅谷梨沙子「ダジャレンジャー参上!」
  • 06/12/05清水佐紀・熊井友理奈「凸凹コンビ」
  • 06/12/12須藤茉麻・菅谷梨沙子「ママ&ベイビー」
  • 06/12/26? 嗣永桃子・夏焼雅

最強ヲタ

最強ヲタとは

最強ヲタ」「ヲタ最強」という言葉及び概念がモーヲタのなかには存在する。一般には、必死現場系の最高峰とされ「お前いつも居るな」+「最前厨」として周囲のヲタ/ファンの間で認識され、メンバーからも認知されている人間のことを指す。

「○○最強ヲタ」と言った場合、○○には主にアイドルの名前が入り、そのアイドルに認識されているヲタであるということを言う。


最強ヲタと反応厨

最強ヲタになるためには、その推し対象が居る現場には原則的に全て行くことで周りの人間と推し対象から、「○○のヲタ/ファン」という事を認識させる必要がある。

ただ反応を求めるだけのヲタならば、ボードスケッチブック、特徴的なサイリウム・ペンライト、奇抜な服装など、視覚的に覚えやすい道具を使うことが多い。

応援が目的なのか、応援していると意識されることが目的なのかは定かではないが、推し対象から特別なレスを頂戴するためには、周囲の人間に埋没しないだけの何かが必要なのだろう。

しかし、「最強」と称されるヲタはそのような道具を使わなくても、メンバーから出席確認をされ、自然に反応が返ってくるようになる。スケブなどはコミュニケーションのためのツールであり、非最前厨の人間がたまの良席で反応を得ようと必死に行動してレスを得るのとは格が違うということだ。


最強ヲタであるためには

現場系あるいは必死系であること」「最前厨反応厨認知認識の何れか或いは全てであること」の2つが必要条件である。

つまり、現場系ではあるが後列から双眼で見る。というような場合は、メンバーからも周囲のヲタ/ファンからもあまり目立たない為に最強ヲタと呼ばれる事は少ない。しかし、現場系・必死系であることはそれなり以上の熱量を必要とするため、最強と呼ばれる人間よりも熱量が低いかと言うと、必ずしもそうではない。惰性のループに陥った最強ヲタよりも熱い志を抱いていることもある。


最強ヲタであり続けることは、非常にコストがかかる。特に最前厨で有り続けるには、自力で引き当てたチケット以外のチケットでコンサートやイベントを見る必要があるため、ヤフーオークションで落札者になることが多い。落札する場合はプレミアム価格での取引となるため、金銭的には損をする。

この問題を解決する為に、自らも複数のファンクラブ枠を所持して出品する側に回る、すなわち最前厨かつ転売である人間は少なくない。


最強ヲタとストーカー問題

最強ヲタはレスを食べて生きているので、レスさえもらえるのであれば入待ちや出待ち、新幹線同乗などを行う。時間帯や行動先の特定など、その情報収集能力の高さは尋常ではない。しかし、これらの行動は、容易にストーカー行為へと繋がってしまう危険性を孕んでいる。最前厨かつ転売かつストーカーという人間も一部には存在する。そのような人間は、推し対象の住所など個人情報を調べ、そのような情報を売ったり教えたりすることがある。その見返りとして、周囲の人間から「最強ヲタ」としての認知を得たり、レスを得るための席を購入する資金を得ることもある。こうなってしまった最強ヲタには、初期衝動として存在していたはずの「推し対象を応援したい」という手段が目的と変わってしまっており、推し対象からも認識されているが故にそのような行動を取れば取るほど嫌われるという自己矛盾に陥る。こうして、推し対象から干され?るという現象がおこる。干され最強ヲタは、しばらくは干され最前厨として活動するが、その内に姿を消すというのがパターンのようだ。


「少しでも推し対象を近くで見たい」「少しでも推し対象を多く見たい」「少しでも推し対象のことを知りたい」このような欲求は、ヲタ/ファンであれば当然抱くものであろう。しかし、その行為がエスカレートしていく危険性は常に隣にあり、しまいにはその対象を見失い自家中毒になってしまうことがある。

つまり、自制心という強い心が無ければいけない。一部の例外を除いて、最強になるということはその自制心が弱くなることである。つまり、強いことは弱いことであり、弱いことは強いことであるという言葉遊びがここに成立する場合がある。

ただ、強いヲタではないが自制心も弱いという人間も存在するので、そのあたりの個人差は激しい。


最強になりたいヲタ(2006/12/06追記)

ヲタの中に最強という概念が登場する前は、自分が良いと思った対象に対しての推し行動を取るというのが一般的であったが、昨今では「今から頑張れば最強になれる」ということで、特定のメンバーに対しての推し行為を行う人間が散見される。

以前からアイドル先物買い市場に参入し、自らのアイドル選球眼のみを信じて推し行為を行うという人間は居たが、それはまさにアイドル先物買いであり、大きく育てばタイミングを見計らってリリースするというサイクルを持っていて、最強という相対的な概念に縛られての行動ではなかった。

最強であるために何かをするという思考は、手段が目的となっていると言えよう。

有史以前、ハロプロがまだ若かりし頃は「お前、モーニング娘。で誰が好き?」という質問に対する回答=その人の好み(=推し対象)であると判断できるが、このようなあり方が散見される現在、ファンのあり方と言うのをを過去と同じ価値観で図るということじたいが難しいものになったということの1つの表れではないだろうか。


最強の概念

最強ヲタという概念から考えると、どれだけ推し対象から認知されているかという一点でのみ他者を判断するので、最強を目指し、それに向かって行動していない人間に対して「弱いヲタ」などと言って下に見ることがある。

しかし、全ての人間が最強を目指しているわけではなく、自分の傾向を他者一般に対して適用しているという点において誤解が発生している。また、自らを最強ヲタと自負しているためか、態度が尊大になりがちである。

おたく・ヲタといった人間には他人との適切な距離感が掴めないという傾向が見られるが、最強ヲタに類する人間は、その傾向が一般よりも強いように思える。なぜなら、最強とは他者に対しての自分の優位性を維持する事を非常に意識しており、そのような優位性に拘らない人間で畏怖する必要のなさそうな人間には最初から先輩風を吹かすような態度で接するからである。

彼らの他者に対する優越性の根拠となるようなものは存在しない。しかし、この「最強」という概念は相対的であり、常に他者の存在を必要としている以上、弱いヲタを作り続けなければならない。この点においても、「最強」の概念に強さは存在せず、弱く脆い概念であると言えよう。


疑問点

  • 今まで「最強ファン」という呼び方は、PCパーツの話以外で聞いた事が無い。
  • 「善良なファン」という言葉。ファンは善悪の差、ヲタは強弱の差で判断するのか。
  • 最強推されメンヲタと最強干されメンヲタはどちらがヲタとしての強度が強いのか。
  • 最強ヲタ同士で殺し合いをさせて最後に生き残った者は最強ヲタの中の最強ヲタと呼べるか。
  • ○○系最強ヲタと言う時に太陽系最強ヲタとか銀河系最強ヲタとか言ってみるとちょっと面白い。

対義語

弱いヲタ弱ヲタ雑魚ヲタ


その他・関連

ハロメン?における使用例

  1. ハロ☆プロ オンステージ!2007 『Rockですよ!』」(日本青年館)2007年2月10日夜公演において、柴田あゆみは会場につめかけたファンや後藤真希、バックバンドメンバーなどを評価するに際し、「最高」の語とともに「最強」を用いた。

関係キーワードなど<編集希望

応援?

推し推す・干す?・干され?

現場系?必死必死系

認知認識最前厨反応厨認識厨認知厨認知症

ストーカー?

レススケブスケッチブックボード

大手・固定?・名無し?・強いヲタ?・弱いヲタ?・弱ヲタ?・雑魚ヲタ?・ヲタヲタ?・有名?・無名?