Hatena::Groupc-kaiwai

本当の一体感

本当の一体感

コンサート会場などで、他人には無許可で勝手に感じた聴衆との一体感を、それがさも人類が普遍的に感じるべき感覚であると想定する人々の、思想の中核をなす概念。

文例:その洋楽(ボンジョビ)のライブに行ったことがないアイドルファンは、本当の一体感を知らないため、ステージを見ずに回転しながら頭上で柏手を打つ行為に没頭した。

上記文例は本項目記述者が考えたものの、これに近い主張を最近目にした。洋楽(ボンジョビ)ファンがアイドル文化そのものを忌み嫌う立場からの発言なら単純に受け止めることもできる。しかし、私が最近目にした、本当の一体感という言葉は、洋楽(ボンジョビ)とアイドルとを両方好む立場でありながら、ファンの在り方においてはアイドルを軽蔑し、洋楽(ボンジョビ)を優位に置きたいがために用いられていた。


コンサート会場などで、ステージ上の演者の、いわゆるレスや目線を受け取ったと勝手に感じた際、満たされる感覚のこと。これを得るためには、雰囲気ぶち壊しでもとにかく目立てばいい、というわけではなく、黙ってスケブボードを出してニヤニヤすればいいわけでもなく、奇抜な服装では演者を逆にがっかりさせるし、振りコピやヲタ芸に夢中になっているとあきれられるし、一般的には良席と言われている最前列の席は、演者からは見難いので適切な座席ではない、とされる。ではどうすればよいかというと、演者が自然に目を向けやすい座席位置で、好印象を持たれるような「清潔な」服装をし、マナー違反をせず、コンサートを自然に楽しんでいる様子を演者に見せることが大事、だと言われている。推しメンからのレスは他の何物にも代えがたい最高度の多幸感をもたらすため、具体的にどうすればレスを得られるかは明文化されず、レスを得るという行為、レスを得たいという考え方の是非は、一体感を肯定する場では、問われない。数年以上にわたって年間50公演近くかそれ以上の参戦を果たす古参現場系ヲタの間でのみ口伝され珍重される秘儀となっている。