Hatena::Groupc-kaiwai

℃日記(仮) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-01-05

Cutie Party 12/29

| Cutie Party 12/29 - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - Cutie Party 12/29 - ℃日記(仮) Cutie Party 12/29 - ℃日記(仮) のブックマークコメント

(2007年最後の放送)

舞美「2007年、最後の放送です!」

愛理・千聖「イェ〜イ!」

舞美「早いね〜」

愛理・千聖「早い!」

舞美「この1年、わたしたちがどう成長したか…じゃあメンバーの目から見て、成長したと思うところをね、簡単に、評価していきたいと思います」

愛理・千聖「ハイ」

舞美「じゃあ、まずは愛理を、わたしとちっさーで、評価しよっか?」

千聖「そうだね」

愛理「ウフフ…!」

舞美「じゃあ成長したと思うところ! なんかある?」

千聖「えっとねー、愛理は…なんか前はねすごく、その、一緒に喋ってるときとか? …何だろ、ちょっと…ちょっとしたね、言い合いっていうか、『違うよ違うよ!』みたいなことがあったんだけど、今は…あの何ていうんだろ? なんか…わかってくれるっていうか…」

愛理「何それ…!?」

舞美「わかり合える?」

千聖「わかり合える仲になったと思うな」

愛理「あら…そうかもね」

千聖「ね、そうだよね」

愛理「嬉しい話!」

千聖「嬉しい話!」

舞美「なんかさ、愛理は…結構トークが苦手とか言ってたじゃん? 前に だけど、なんだろ? こうやってさ、ラジオとかでもさ、やっぱり普段の話とかもいっぱい聞けるし…」

愛理「あ、そう?」

舞美「うん、言葉のさ、使い回しが上手いよね、愛理」

千聖「上手!」

愛理「いやいやいや…!」

舞美「頭の回転がいいんだよ!」

愛理「おほ…! そんなことないって、ありがとうございます…」

舞美「いいことだよ 成長しました〜」

舞美・千聖「イェ〜イ!」

愛理「イェーイ…」

舞美「じゃあ今度は…、ちっさーをわたしと、愛理で…」

愛理「ハイ」

舞美「なんかある?」

愛理「ちっさーは、わたしすごい、これピーンと来たんだけど…」

舞美「うん」

愛理「女の子っぽくなったなーって…」

舞美「ほう〜!(笑)」

愛理「あの、女の子だけど〜」

千聖「な〜に!?」

舞美「うん…そうだよね(笑)」

愛理「ボーイッシュ…っていうところから、ちょっと…ちょっと抜け出したかな?って」

舞美「なるほどね」

愛理「思いますね」

千聖「ありがとうございます」

舞美「やっぱ、ね、年もこう…ね」

愛理「上がるにつれて」

舞美「上がるにつれ、女の子らしさが増していくという…」

愛理「そうよ…」

舞美「それになんかちっさー、いつも元気で、なんか、こうラジオとかでも素のまんまが出てて…」

愛理「そう!…いいと思う」

千聖「あっ、ありがとうございます」

舞美「そのまんまのちっさーだもんね」

千聖「どうも…」

愛理「(笑)」

舞美「…じゃあ、わたしは?」

愛理・千聖「……舞美ちゃん…!?(笑)」

舞美「…何それ!?」

愛理「(笑)…舞美ちゃんは…ね、やっぱ…」

千聖「えーっとね〜」

舞美「(笑)なんで間があんの!? いいよ」

千聖「何だろ、なんかね…」

舞美「どんどん言っていいよ!」

千聖「MCとかは、なんか前に比べたらあんまり噛まなくなったかな?って思う(笑)」

舞美「(笑)…頑張ってるからね」

愛理「あ、そうかも知れない…」

千聖「思わない? なんか、その、やっぱりイベントとかで…」

舞美「噛んでたよね?」

千聖「そう、すんごい噛んでたけど、今はすごく、なに? まとめられるようになったし、誰かが…ホロー? フォロー?」

愛理「ホロー…!!!(笑)」

千聖「(笑)フォロー、すごく上手になったなーて思う」

舞美「でもなんか、やっぱわたしが、つっかかったときはメンバーもフォローしてくれるしね」

千聖「うん」

愛理「舞美ちゃん、全体を通して、去年よりも…」

舞美「(笑)」

愛理「リーダーっぽくなった、より一層…」

舞美「ありがとうございます それは」

千聖「ハイ!」

愛理「そうですね」

千聖「これからも、励まし合って頑張ろうね!」

舞美「そうだね」

愛理「ハイ!」


(兄弟を何と呼ぶか?)

舞美「わたし…は、えーと、お兄ちゃんがふたりいるんだけど、一番上のお兄ちゃんは『お兄ちゃん』て呼ぶのね で、その…真ん中? 3人兄弟の真ん中…その一個上のお兄ちゃんは、あの、あだ名で呼ぶ」

愛理「ああ、ふたり違うんだね」

舞美「そう、両方ともお兄ちゃんなのに、なんか、何故か一番上だけ『お兄ちゃん』て呼んでる」

愛理「あーそうなんだ」

舞美「そう」

千聖「ふ〜ん」

愛理「へ〜え」

舞美「ちなみに、その、家族のみんなからは『舞美』って呼ばれてるのね で、お母さんとかときどき『舞〜』て呼んだりする」

愛理「あ、そうだね!」

舞美「うん」

千聖「へぇ」

愛理「『舞〜』っつてるよね」

千聖「『舞〜』てね…」

愛理「舞ちゃん」

千聖「舞ちゃんと間違えられちゃうみたいな」

舞美「そうなの …え、みんなは?」

愛理「…ちっさーふたりいるじゃん、兄弟」

千聖「そう…」

舞美「えっ? 3人…」

愛理「兄弟、3人だ!」

千聖「そう、3人いるんだけど、一番下の子はまだ喋れないから」

舞美「そうだよね」

愛理「(笑)」

千聖「まだなんかわかんないけど、妹には普通に下の名前で『千聖』って言われるし、弟からも『千聖〜』って言われるけど…」

舞美「へぇ〜」

千聖「家の中では、その妹からは『お姉ちゃん』とか『姉ちゃん』とか…?」

舞美「『姉ちゃん』(笑)、おお〜」

愛理「『姉ちゃん』」

千聖「…て言われるけど、やっぱり、弟とか、その、ほかのママとかパパからは、『ちさ』とか言われる」

舞美「ああ〜、『ちさ』!」

愛理「いいね、みんな」

舞美「なんか2文字になるよね、やっぱ… 『舞〜』とか『ちさ』とか」

愛理「わたし…、ああ〜 …わたしは、弟のことは普通に下の名前で呼ぶけど、弟からは…あ、でも『愛ちゃん』て呼ばれてる」

舞美「あ、可愛い〜」

千聖「可愛い〜」

舞美「『愛ちゃん』」

愛理「年齢が上がってもずっとそのまま」

舞美「へぇ〜」

愛理「『愛ちゃん、お帰り〜』みたいな」

舞美「え、それやっぱりさ、外でさ、『うちのお姉ちゃんが…』て話してたら変な感じするのかな?」

愛理「そう! 学校の掲示物の…ところにかいてあったの、『お姉ちゃん』て」

舞美「ああ〜」

愛理「あ、でもちょっと嬉しかったかも知れない…」

舞美「あ、嬉しい? 逆に嬉しかったんだ?」

愛理「うん、はい」

舞美「へぇ… まぁみんなね、家ではそんな感じですね!」

愛理「そんな感じです!」

千聖「ハイ!」

(『Cutie Party』2007年12月29日放送分)