Hatena::Groupc-kaiwai

℃日記(仮) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-01-13

青春!LOVEランチ

| 青春!LOVEランチ - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - 青春!LOVEランチ - ℃日記(仮) 青春!LOVEランチ - ℃日記(仮) のブックマークコメント

f:id:momma:20080113131448j:image

4人しかいないのに最後列…(涙


f:id:momma:20080113131608j:image

やっぱエプロンだな!




エプロンおまけ

…これ、あややのパロディって知ってた?


中1トリオ・その7

| 中1トリオ・その7 - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - 中1トリオ・その7 - ℃日記(仮) 中1トリオ・その7 - ℃日記(仮) のブックマークコメント

(ハロプロやねん! 12/28放送分)

「中1トリオのハロプロNo.1」

 愛理「…今週は、今年わたしたち3人がメンバー以外のひとから選ばれたハロプロNo.1について、振り返ってみましょう!」

梨沙子「うん」

 愛理「まずわたしは、里田まいさんが…あの〜、時代劇が似合うひと…のハロプロNo.1に選んで下さったそうで〜す ありがとうございま〜す」

梨沙子「確かにカツラ似合うよ」

 愛理「似合うよって、被ったことないよ」

梨沙子「似合うよ、絶対」

 愛理「あの〜、りーちゃんがさっきわたしにカツラを被せた絵を描いたんですけど〜」

 千聖「(笑)」

 愛理「まったく似てない…」

梨沙子「似てるよ!似てる!」

 千聖「オカッパじゃんよ、あれ」

 愛理「そうだよ〜」

梨沙子「可愛くない?」

 愛理「可愛いけど〜」

 千聖「あれ、トイレの花子さんだよね」

梨沙子「可哀想! せっかく可愛く描いたのにさ…!」

 千聖「可愛くないじゃん! 目がテンだし…」

(ドンと何かを叩く音)

愛理・千聖「あっ!」

 千聖「もう〜、梨沙子〜!」

 愛理「(笑)…どう? わたし似合うかな?」

梨沙子「似合うよ」

 千聖「時代劇? …う〜ん、時代劇つっても、昔のカッパの役とかなら出来んじゃない?」

 愛理「ひどいよ〜(泣)」

梨沙子「…でも、なんか着物とか似合う…」

 愛理「あ、着物好き〜」

 千聖「あ、似合いそう …あの、ほっぺがさ、赤いから、ちょっと、り…あの、りーちゃんじゃないわ、まぁ……愛理は」

 愛理「うん(笑)」

 千聖「だから、田舎のひとってさ、ほっぺたが赤い印象ない?」

梨沙子「うわー、ひどい! 今のひどくねー!?」

 愛理「あのさ、『都会っ子純情』って曲出してるのにさ…」

 千聖「違うよ! 違う違う違う違う…!」

 愛理「田舎っ子みたいな…」

 千聖「違う違う違う違う…(笑)」

梨沙子「都会っ子純情じゃなくて…」

 愛理「田舎っ子純情」

 千聖「違うよ!違うよ! …ここはね『岡井っ子純情』なんだよ、知らないの?」

 愛理「知らな〜い」

梨沙子「知らな〜い」

 愛理「えへへ(笑)」

 千聖「だから、違う 違くって、ほっぺたがさ、赤いとさ、なんだろ、なんか時代劇のひとたちってほっぺた赤くしてない? ちょっと」

梨沙子「う〜ん」

 愛理「確かにそれはそうだね」

梨沙子「確かにしてるよ」

 千聖「だから…なのかな?」

 愛理「やってみたい、一回 顔まっ白にして」

梨沙子「ね」

 千聖「顔まっ白…!」

梨沙子「うちね、舞妓さん、舞妓さんやってみたいの!」

 愛理「あ、似合いそう…」

 千聖「千聖も出来るかな〜?」

梨沙子「出来ないな〜」

 愛理「出来る〜 出来る出来る〜」

 千聖「ハイ」

梨沙子「話崩れたね」

 愛理「里田さん、ありがとうございました」

梨沙子「ハイ」

 千聖「ハイ」

 愛理「そして二人目、ちっさーですが…」

 千聖「ハ〜イ…」

 愛理「吉澤さんと石川さんと里田さんがゲストでいらっしゃったときに…」

 千聖「(笑)」

 愛理「『よく怒られるひと』のハロプロNo.1に選んでもらいました〜!」

梨沙子「(爆笑)」

 千聖「これって嬉しいのかな〜?」

 愛理「嬉しいことだよ!」

 千聖「よく怒られるひとでしょ、ま、確かに…」

梨沙子「怒られるってことは…、ね、ちゃんとね……(沈黙)」

 愛理「うん」

 千聖「でも、まず最初に、りーちゃんに言われたくないかんね」

梨沙子「…なんで?」

 千聖「よく怒られるひと!」

梨沙子「…うち怒られないもん」

 千聖「Berryz工房の中でいちばん怒られてると思う」

梨沙子「うち!? 怒られないよ!」

 千聖「怒られる!」

梨沙子「あ、確かに、昔は怒られてたと思う」

 千聖「今も怒られる!」

梨沙子「今は怒られないよ! そんなに…」

 千聖「怒られる!」

 愛理「(笑)ハイ、ここは戦っちゃダメよ」

梨沙子「怒られるっていうか注意される」

 千聖「注意されるのは怒られるのと一緒じゃん!」

梨沙子「違いますよね???*1

 千聖「(笑)違いやすもな〜」

千聖・愛理「(笑)」

梨沙子「言葉がもう、難しい!」

 千聖「まぁ、だけど、よく怒られるのはホントだからね…」

梨沙子「確かにね」

 千聖「だけど来年からはね、1回も怒られないようにする…(笑)」

 愛理「今からにすればいいのにさ…!」

梨沙子「そうだよ!」

 千聖「やだよ、来年から…」

 愛理「来年に先延ばしするんだよ いつも、ちっさー

梨沙子「確かに…!」

 愛理「まったく!」

梨沙子「う〜ん…」

 千聖「いいんだよォ、来年からで…」

 愛理「ウウ〜ン そうだよ!」

梨沙子「そうだね」

 愛理「心機一転、来年からだよ」

千聖・梨沙子「ハイ」

 愛理「ハイ! …もう終わっちゃった…(笑)」

 千聖「(笑)」

 愛理「ということで、次3人目、梨沙子ですが」

 千聖「はい」

 愛理「え〜、なんとこれは、わたしたち℃-uteがゲストとして出たときに、『制服がよく似合うひと』でNo.1になりました〜! イェ〜イ!」

梨沙子「嬉しい、ちょっと…!」

 千聖「覚えてらんだない!」

梨沙子「え、どうして…」

 千聖「間違えた!(笑) 選んだ覚えたない」

梨沙子「どうして選んだの?」

 千聖「選んだ覚えない!」

梨沙子「…どうして選んだの?」

 愛理「わたしたちこれ、いつ言ったか覚えてない(笑)」

 千聖「覚えてな〜い(笑)」

梨沙子「なにィー!?*2

 千聖「…けど覚えてない!」

 愛理「覚えてないけど似合うとは思うよ」

梨沙子「あ、ホントー?*3

 愛理「なんでだろ、なんで梨沙子になったんだっけ?」

 千聖「う〜ん…スカートが……スカートがりーちゃんに似合うみたいな?」

 愛理「う〜ん」

 千聖「…印象もあるし、つかね、なんだろ、優等生っぽいのよ、学校…」

 愛理「あ、そうそうそう…」

梨沙子「イヤッ!」

 愛理「真面目に見える」

梨沙子「イヤッ!」

 千聖「いや、真面目には見えないよ」

梨沙子「…え?*4

 千聖「だけど〜(笑)、優等生っぽい …写真だけ見ると」

 愛理「写真…!(笑)」

梨沙子「でもね、卒業証書はね、すごいよ」

 愛理「みんな同じでしょ…(笑)*5

 千聖「みんなおんなじじゃん! ねぇ…、でも髪の毛も長いし、なんかね、三つ編みして制服着てたら…」

梨沙子「わたしね、しないんだ、三つ編みとか…」

 千聖「違うよ!イメージだよ!」

梨沙子「ああ、そう…」

 愛理「あくまでもわたしたち℃-uteの想像だからね」

 千聖「うん」

梨沙子「あ、そっか…」

 愛理「そう、でもNo.1になったんだよ、りーちゃん…!」

梨沙子「そうだね! ちょっと嬉しい!」

 愛理「そうだよ」

 千聖「そうだよ」

 愛理「若々しいよ*6

 千聖「でもね、千聖は嬉しくない〜よう〜な〜」

 愛理「なんでよ?」

梨沙子「でもここはね、喜ぶべきだよね」

 愛理「喜ぶべき」

梨沙子「うん、だってだって、No.1だよ!」

 千聖「イェ〜イ イェイ! レッツゴー!(笑)」

 愛理「ちっさー、レッツゴーが好きです」

 千聖「なに言ってんの!」

梨沙子「そうだね 好きな言葉はレッツゴーでしょ」

 千聖「ここはね、『Don't Stop !』って言っちゃいけないんだよ」

 愛理「Don't Stop…でいいんじゃない? 止まっちゃいけないから…」

 千聖「じゃあいまからDon't Stopにする」

 愛理「ハ〜イ」

 千聖「よ〜し」

 愛理「ということで、続いて、今年の登場回数ランキングにも…にもじゃない…ランキングも紹介していこうと思います!」

 千聖「Don't Stop ! (笑)」

梨沙子「意味がわからない…」

 愛理「ハイ、えっと、えーとBerryz工房℃-uteは何位ぐらいだと思いますか?」

 千聖「℃-uteが1位でしょ?」

梨沙子「え、わかんない… 何位だろな? 5位とか…?」

 愛理「Berryzも公開録音とかやったの?」

梨沙子「やりましたよね?」

 愛理「…そうだよ、わたし出たもん、こないだBuono!として…」

梨沙子「あ、そうそうそうそう」

 愛理「そうそうそうそう …℃-uteもやったよね?」

 千聖「℃-uteもやったよ」

 愛理「…じゃあそれでは、発表です!」


(ぐだぐだなので中略)


 愛理「…じゃあ、第2位です」

 3人「ジャカジャカジャカジャカ*7…ジャン!」「パン!」

 愛理「第8回(?)出演、Berryz工房で〜す!」

梨沙子「やっぱり2位だったんだ!」

 愛理「わーい」

 千聖「…(笑)さっきさ! 5位ぐらいかな〜?って…! やっぱり2位だったかって」

梨沙子「2位だったか え、嬉しいな…!」

 愛理「万博記念公演での公開録音や、2時間スペシャル番組『朝までハロプロやねん!』…」

梨沙子「やったやったやったやった…!」

 千聖「え、やりたいですぅ〜!(笑)」

 愛理「堂々の第2位!」

梨沙子「めっちゃ楽しかったよ」

 千聖「え、やりたい、2時間」

 愛理「どんなことやったんですか?」

梨沙子「朝から夜までは、なんかね…(沈黙)」

 愛理「夜から朝まで…」

 千聖「(笑)」

梨沙子「あ、間違えた間違えた! 夜から朝までは、あのね、ゲームしたりとか…」

 愛理「楽しそう…!!」

 千聖「え、やりたい…!」

梨沙子「ボーリングやった、ゲームで」

 千聖「え、やりた〜い…!!」

 愛理「やりたい!」

 千聖「やりたい!」

 愛理「やりたい …℃-uteもやりたいです!」

梨沙子「…そうですよ! Berryzのもんだもん、いま」

 愛理「なんで…?」

梨沙子「そうですよね? …そうですよね?」

 千聖「千聖たちは…」

 愛理「じゃあ、わたしたちは『夜までハロプロやねん!』」

 千聖「…そうだよね」

 愛理「うん」

 千聖「…10時間ぐらい……24時間!」

梨沙子「それも、それもBerryzのだから」

 千聖「千聖たち『24時間ハロプロやねん!』だもん」

梨沙子「うち25時間がいい!*8

 愛理「てゆうか、一緒にできたらいいね」

梨沙子「そうだね」

 千聖「なんでよ〜! …℃-uteだけじゃん!」

 3人「…あ〜ん!(泣)」

 愛理「ま…」

 千聖「あ、3人でやろうよ」

 愛理「3人でやればいいじゃん!」

梨沙子「そうだよ! 3人でやりたいな」

 愛理「そうだよ 頑張ろうよ」

梨沙子「ね、ね?」

 愛理「お願いします〜!」

 千聖「お願いします〜!」

梨沙子「お願いします〜!」

 愛理「じゃあ、第1位…」

梨沙子「チュンチュクチュッチュッチュルチュ〜」

 千聖「チュルチュルチュル〜」

 愛理「なんでメロディー違うのよ」

 千聖「Don't Stop ! (笑)」

梨沙子「チャカチャカチャカチャカチャ〜ン」

 千聖「Don't Stop !」

 愛理「ジャカジャカジャン! ……℃-uteです!! イェ〜イ!」

 千聖「イェ〜イ!」

梨沙子「やはり℃-uteか…!」

 千聖「イェ〜イ! ハッピーバースデー!*9

梨沙子「あ? 誕生日ですか」

 愛理「9回出演させていただきました」

 千聖「いただきました〜」

(以下、ぐだぐだなので略)

*1:あばば

*2:怒りーちゃん

*3:単純

*4:持ち上げといて落とす、みたいな

*5:的確なツッコミ

*6:???

*7:口ドラムロール

*8:子供か!

*9:アホ