Hatena::Groupc-kaiwai

℃日記(仮) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-03-14

クレッシェンド

| クレッシェンド - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - クレッシェンド - ℃日記(仮) クレッシェンド - ℃日記(仮) のブックマークコメント

 愛理「…これまで生きてていちばん嬉しかったことって何ですか?…ということですけども」

 千聖「えへへへ(笑)……いっぱいなんか思い出してきちゃって、笑えてきた」

えりか「ねえ、やだ…千聖ヘンなテンションだから…」

 千聖「嬉しいわ!」

 愛理「じゃあまず、ちっさー

えりか「そんなテンションの千聖から」

 千聖「もう、いっぱい!あるんだけどね、あの〜℃-uteの単独コンサート、初めてやったときは、あの〜クレッシェンド?」

 愛理「…なに?」

えりか「なにそれ」

 千聖「(笑)…間違えた!」

えりか「シルエット」

 千聖「あ、そう、シルエット! で、いちばん最初の『JUMP』から、始まるんですよ」

えりか「登場したんだよね」

 千聖「それでもう文字が影でできてんですよ すっごい、なんか登場の仕方が格好いい」

えりか「格好いいよね」

 千聖「もう〜幸せを感じました!」

 愛理「なんか初挑戦て感じだったもんね」

えりか「ね」

 千聖「そう、もう嬉しかったね〜」

えりか「シルエットいいよね」

 千聖「しかも夢だったじゃん! ℃-uteのみんなでコンサートをやるっていうのが」

 愛理「うん、初単独だったし」

 千聖「もう、嬉しかったですね いろんなことありますけど、もっといっぱい …だけど、話すと長くなるので…この辺で!」

えりか「(笑)またまた…! この辺で、そうだね」

ヤリ吹き

| ヤリ吹き - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - ヤリ吹き - ℃日記(仮) ヤリ吹き - ℃日記(仮) のブックマークコメント

(千聖、『降りなきゃいけない駅を乗り過ごしたときのひと言』…を演じて)

 千聖「ヤッバ! どうしよう…!!」


えりか「…勢いがあるね、千聖って、なんか」

 愛理「ねえ、ちっさーてさぁ、先週はさぁ、遅刻だったじゃん これもさぁ、遅刻につながるパターンだよね」

 千聖「(笑)…だけどさ、降りなきゃいけない駅を乗り過ごすときとかあるよね?」

えりか「危ない危ない」

 愛理「わたしも去年学校の帰りね、寝過ごしちゃった」

 千聖「だよね」

 愛理「バスケットボールしてる夢見てた」

 千聖「バスケット…(笑)」

えりか「忙しいね」

 愛理「前からボール飛んできて、疲れて自分もブクッてなって起きた」

えりか「えー、焦るよね」

 愛理「焦る」

えりか「半ベソかくよね」

 千聖「電車の中で夢見るとやーばい」

 愛理「恥ずかしいよね」

 千聖「恥ずかしい」

 愛理「身体すっごい動く」

 千聖「ピクッピクッて動くの」

えりか「そうなんだ〜」

 千聖「あの飴をなめてたの、寝ながら」

えりか「うん」

 千聖「で、マスクしてたのね」

えりか「うん」

 千聖「それで、千聖 なんか、ヤリ吹きみたいな夢を見てたの」

えりか・愛理「(笑)」

 千聖「(笑)…それで、マスクしてたからよかったんだけど、プッ!てやっちゃって、あの、マスクのところに飴がくっついちゃった…(笑)ハハハ」

えりか「そうなんだ…マスクしててよかったね」

 千聖「マスクしててよかった!」

えりか「マスクしてなかったら、目の前のひとにプッ!て飴が飛んでたじゃん」

 千聖「そうね!」

えりか「危な〜」

 千聖「ハイ(笑)」

えりか「もうマスクして乗んな…いつも!」

 千聖「でしょ」

 愛理「(笑)ツボはまってしまった…」

(『キューティー☆パラダイス』 2009年3月12日放送分)

2008-09-03

Cutie Party

| Cutie Party - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - Cutie Party - ℃日記(仮) Cutie Party - ℃日記(仮) のブックマークコメント

ベジタリアン

舞美「あした、8月31日は野菜の日 1983年に野菜についてもっと認識してもらいたいと、ヤ・サ・イの語呂合わせから8月31日を野菜の日としたそうです」

愛理「へぇ…」

千聖「お〜」

舞美「ちっさーは最近サラダ作りにはまってるしね」

千聖「そう! そうなんです」

舞美「野菜いっぱいとってるんでしょ?」

千聖「そうですね、なんか夜とかも、なんか、サラダだけ食べたりとか…」

舞美「あぁ!」

愛理「あぁ…」

千聖「サラダだけでもお腹いっぱいになるから…」

舞美「ベジタリアン!」

愛理「(笑)」

千聖「なに? ベジタリアンって?……なんかダルメシアンみたい」

舞美・愛理「(爆笑)」

愛理「ダルメシアン!(笑)…ワンちゃん…」

舞美「確かにまぁ似てるっちゃ似てるけど…」

愛理「似てるっちゃね」

Cutie Party』2008.8.30放送分


Cutie Party

| Cutie Party - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - Cutie Party - ℃日記(仮) Cutie Party - ℃日記(仮) のブックマークコメント

半身浴

"最近挑戦していること"

(最近よく料理を作る千聖)

舞美「でも偉いね…料理さぁ、するだけ偉いよ」

千聖「ホント?」

愛理「だってちっさー、最近すごい…」

舞美「女の子だ……そうだ」

愛理「女の子オーラが出てる…」

千聖「あは、まぁ…まぁね どうもどうも」

舞美「(笑)嬉しそう」

千聖「あはは(笑)(照)」

舞美「え〜、愛理は??」

愛理「わたしすごい単純なことなんですけど、あの〜お風呂の浴槽に、20分間以上、浸か…れないんですよ」

舞美「のぼせちゃう?」

千聖「え、なに? …ヨクソウ??」

愛理「のぼせるっていうか、耐えられなくなっちゃう」

舞美「(千聖に)あの、お水張ってる中あるじゃん」

愛理「お湯の中」

舞美「そうそうそうそうそう」

愛理「シャワーじゃなくて、お湯の中」

舞美「普通のお風呂の中」

千聖「あ、お風呂ね! あぁ…」

愛理「お風呂の中…あそこに、20分間以上浸かると、その、すごい汗もいっぱいかいて、なんか身体にいいみたいなこと聞いたので、それ挑戦してるんですけど、なんか曲をかけても、入浴剤を入れても、10…あ、20分5秒くらいでファーって出ちゃって、ホントは45分くらいいたいんです お風呂の中に…」

舞美「おーっ!」

千聖「お〜」

愛理「誰だっけ? えりかちゃん…」

舞美「ふやけそうじゃん」

愛理「えりかちゃんとかもさぁ、℃-uteの、梅田えりかちゃんとかもすっごい長い時間お風呂の中に入ってるって言ってたじゃん」

舞美「うんうん」

愛理「なーんで出来るのかなって思って」

千聖「千聖も無理! お風呂」

舞美「20分はでも長いよね?」

愛理「長いよね」

舞美「たぶんぬるくしてるんじゃない?」

愛理「あぁ…、半身浴のほうがいいのかな?…なんかわかんないんですけど、ぶわっさーって…」

舞美「わたしもだ」

千聖「え? 難しいね 何なになになに……何つった、いま???」

愛理「半身浴…」

千聖「なにハンシンヨクって」

舞美「半分だけ浸かるの そうすると身体にいいんだよ」

千聖「半分だけ?」

愛理「心臓の下ぐらいからお湯に浸かるの」

千聖「…へぇ???」

舞美「あ、でもわたしよくやるよ、半身浴

愛理「ね、わたしもこの間やったんだけど、やっぱ無理だった…」

舞美「ホントに…あ、半身浴だと、でも熱くない!」

愛理「うそ?」

舞美「結構長い間いられる…」

千聖「千聖、シャワーで熱くなっちゃって、もう終了」

愛理「(笑)」

舞美「てかもうすっごい…浸かってるとさ、なんかもう汗ダラダラダラダラ落ちて来て、逆に、あぁ出なきゃ出なきゃ、汚れちゃうって感じ…」

愛理「しょっぱいよね、なんか」

千聖「えっ、舞美ちゃんってお風呂でも汗かくの??」

舞美「かくでしょ!! みんなかくでしょ?」

愛理「わたしもかくよ」

千聖「え、千聖 お風呂のね…お風呂のとき、汗かかない」

舞美「浸かってるときだよ?」

千聖「浸かってても、鼻…鼻にちょっと汗がつくぐらいで」

舞美「(笑)」

千聖「汗たらーんとはかかない」

舞美「えーっ!すごい」

愛理「ドロンドロンでもう、口に入りそう」

全員「(爆笑)」

舞美「ねぇ、かくよね」

愛理「しょっぱい」

舞美「でもその汗がねぇ、いいんだよ! 綺麗になれるよ!」

愛理「頑張ります」

千聖「ハイ」

Cutie Party』2008.8.16放送分

mommamomma2008/09/03 14:568/23のキューパーで自分のメールが読まれました!

2008-01-19

中1トリオ・その8

| 中1トリオ・その8 - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - 中1トリオ・その8 - ℃日記(仮) 中1トリオ・その8 - ℃日記(仮) のブックマークコメント

(ハロプロやねん! 2007/12/28放送分)

f:id:momma:20080119153400j:image


ちっさー爆弾発言『安倍さんへのメッセージ』

 愛理「今年の放送も間もなく終わりなんですが、来年2008年の『ハロプロやねん!』は1月4日から始まります ちなみに新年1回目のパーソナリティは、安倍なつみさんと℃-uteから矢島舞美が登場しま〜す!」

梨沙子「よくない? 新年…」

 愛理「いいね〜」

 千聖「いいな〜」

 愛理「わたしたちも締め括りだよ!」 

梨沙子「いいな〜」

 愛理「わたしたちも締め括りだよ!」

梨沙子「締め括りと、あの…ね、新年いくない?」

 愛理「そうだよ」

 千聖「いいですね〜」

 愛理「あ〜、でも安倍さんと舞美ちゃんの組み合わせって新鮮だね」

梨沙子「そうだね!」

 千聖「新鮮!」

 愛理「う〜ん、いま、アレ、ユニットも組んで活動…してるし」

 千聖「だね!」

 愛理「そうなのよ」

梨沙子「(沈黙)…ああ、そうだね」

 愛理「うん、だから…なに? いろいろとなんか…なんかメッセージとか、残しちゃったりしますか?」

千聖・梨沙子「しちゃいますか〜!」「しちゃいましょう!」「ハ〜イ」

 愛理「じゃあ…なんかあるかな?」

 千聖「なんかあるかな?」

梨沙子「う〜ん どうする?」

 愛理「…なんかあるひと手ぇあげて!」

 千聖「は〜い」

 愛理「はい、じゃあまず、ちっさー

 千聖「ハーイ、えーと、安倍さんにメッセージなんですけど〜、舞美ちゃんのね、天然ぶりには…」

梨沙子「はい」

 千聖「気をつけてください!」

 愛理「あららららららら…」

梨沙子「そうですね」

 千聖「ちょっとね、℃-uteのみんなもね、結構困ってるんで〜」

梨沙子「うん…」

 愛理「リーダー…!」

 千聖「舞美ちゃんもね、気をつけてね〜!」

 愛理「そう、まだもしかしたら、安倍さんの前ではおっちょこちょいな一面を見せてないかも知れないんですが…」

梨沙子「ウソ! 見してるじゃない!…見してるじゃないだって! 見してるよ!」

 愛理「見せて…るのかな〜?」

梨沙子「うん」

 愛理「わかんないですけども、まぁ、がんばってください!」

 千聖「ハイ! がんばってください」

 愛理「舞美ちゃんをよろしくお願いします!」

千聖・梨沙子「お願いします〜(笑)」

梨沙子「あたしも!」

 千聖「いいよー」

 愛理「ハイ、どうぞ」

梨沙子「いくよ? 安倍さんは〜、いつも、笑っていて元気なイメージなんですが…」

 愛理「う〜ん」

梨沙子「元気でいる秘訣…を、教えて欲しいですね〜」

 愛理「そうですね〜、チャーミングな笑顔が可愛いですね〜*1

千聖「え、何が面白いんだろうなァ…」


 (沈黙)


 愛理「なに?? …ちっさー、いま爆弾発言した…!!」

梨沙子「なんて言ったいま!? なんて言ったいま!?」

 千聖「…だって!」

 愛理「それは何についてのツッコミなの?」

 千聖「…アベサンヘノ、メッセージデス!*2

愛理・梨沙子「(爆笑)」

 愛理「安倍さん、お気になさらないでください」

梨沙子「ハイ、気になさらないでください」

 愛理「すいません…すいませんでした!*3 ハイ …また、わたしたちも一緒に、やらせていただくことがあったら、よろしくお願いします」

千聖・梨沙子「よろしくお願いしま〜す」

 千聖「…あ、愛理はないんですか?*4

 愛理「うん?」

梨沙子「そうだよ!!」

 愛理「わたし言っていいの?」

 千聖「いいよ」

 愛理「じゃあ、わたしも言います! わたしもでもやっぱり、なに? 安倍さんとかとは一緒に…コンサートやらせていただいたりとか…してて、すごいね、可愛いってイメージとか……なんでそんなわたしのこと見るの!」

梨沙子「(笑)」

 愛理「…あるんですけれども、やっぱそこに、舞美ちゃんの…なに? おっちょこちょいなところ?…が、なに?…加わって、またなんか新しい感じに…なりそうな気がしてます!」

梨沙子「ハイ!」

 愛理「楽しみです!」

千聖・梨沙子「ハイ!」

 愛理「(笑)」

 千聖「Don't Stop! (爆笑)」

梨沙子「…なんでいま言った!?」

 愛理「(笑)…すいませんでした!」

 千聖「(笑)」

梨沙子「…ごめんなさい」

 愛理「…ふたりともすいません! がんばってください」

梨沙子「がんばってくださ〜い」

 千聖「×××(笑)」

梨沙子「…笑いすぎだよ、ホントに…!」

 愛理「もう(笑)…もう、こんな感じでね」

 千聖「ハイ」

 愛理「楽しみですね みなさん、楽しみにしていてください!」

千聖・梨沙子「ハイ!」


岡井ちゃんのメッセージを受けて、安倍さんの感想

(ハロプロやねん! 2008/1/4放送分)

 舞美「…しかも、なんかわたしについて、あんまいいことなかったですよね?」

なつみ「そう、『天然ボケ』って言ってた」

 舞美「(笑)…ですよね?」

なつみ「しかも安倍さんは、なんでそんなに面白くて笑ってるんですか、みたいな…岡井ちゃん! 失礼! ね、安倍さん先輩」

 舞美「(笑)」

なつみ「岡井ちゃん後輩 わかるね? …もうほんと、グダグダ! みんあの空気感グッダグダですけども、いつもそんな感じなの? ℃-uteも」

 舞美「こんな感じですね、いつも」

なつみ「ちょっとね、ラジオってことを忘れてますよね、彼女たち」

 舞美「なんか普通の世間話みたいになってますね」

なつみ「そうだよ! まぁ、いいですけども…そうですか、ありがとうございます、皆さん」

 舞美「ありがとうございます(笑)」

*1:おべっか愛理様

*2:変な声色

*3:あやま愛理様謝罪

*4:岡井ちゃんは謝らない

2008-01-13

中1トリオ・その7

| 中1トリオ・その7 - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - 中1トリオ・その7 - ℃日記(仮) 中1トリオ・その7 - ℃日記(仮) のブックマークコメント

(ハロプロやねん! 12/28放送分)

「中1トリオのハロプロNo.1」

 愛理「…今週は、今年わたしたち3人がメンバー以外のひとから選ばれたハロプロNo.1について、振り返ってみましょう!」

梨沙子「うん」

 愛理「まずわたしは、里田まいさんが…あの〜、時代劇が似合うひと…のハロプロNo.1に選んで下さったそうで〜す ありがとうございま〜す」

梨沙子「確かにカツラ似合うよ」

 愛理「似合うよって、被ったことないよ」

梨沙子「似合うよ、絶対」

 愛理「あの〜、りーちゃんがさっきわたしにカツラを被せた絵を描いたんですけど〜」

 千聖「(笑)」

 愛理「まったく似てない…」

梨沙子「似てるよ!似てる!」

 千聖「オカッパじゃんよ、あれ」

 愛理「そうだよ〜」

梨沙子「可愛くない?」

 愛理「可愛いけど〜」

 千聖「あれ、トイレの花子さんだよね」

梨沙子「可哀想! せっかく可愛く描いたのにさ…!」

 千聖「可愛くないじゃん! 目がテンだし…」

(ドンと何かを叩く音)

愛理・千聖「あっ!」

 千聖「もう〜、梨沙子〜!」

 愛理「(笑)…どう? わたし似合うかな?」

梨沙子「似合うよ」

 千聖「時代劇? …う〜ん、時代劇つっても、昔のカッパの役とかなら出来んじゃない?」

 愛理「ひどいよ〜(泣)」

梨沙子「…でも、なんか着物とか似合う…」

 愛理「あ、着物好き〜」

 千聖「あ、似合いそう …あの、ほっぺがさ、赤いから、ちょっと、り…あの、りーちゃんじゃないわ、まぁ……愛理は」

 愛理「うん(笑)」

 千聖「だから、田舎のひとってさ、ほっぺたが赤い印象ない?」

梨沙子「うわー、ひどい! 今のひどくねー!?」

 愛理「あのさ、『都会っ子純情』って曲出してるのにさ…」

 千聖「違うよ! 違う違う違う違う…!」

 愛理「田舎っ子みたいな…」

 千聖「違う違う違う違う…(笑)」

梨沙子「都会っ子純情じゃなくて…」

 愛理「田舎っ子純情」

 千聖「違うよ!違うよ! …ここはね『岡井っ子純情』なんだよ、知らないの?」

 愛理「知らな〜い」

梨沙子「知らな〜い」

 愛理「えへへ(笑)」

 千聖「だから、違う 違くって、ほっぺたがさ、赤いとさ、なんだろ、なんか時代劇のひとたちってほっぺた赤くしてない? ちょっと」

梨沙子「う〜ん」

 愛理「確かにそれはそうだね」

梨沙子「確かにしてるよ」

 千聖「だから…なのかな?」

 愛理「やってみたい、一回 顔まっ白にして」

梨沙子「ね」

 千聖「顔まっ白…!」

梨沙子「うちね、舞妓さん、舞妓さんやってみたいの!」

 愛理「あ、似合いそう…」

 千聖「千聖も出来るかな〜?」

梨沙子「出来ないな〜」

 愛理「出来る〜 出来る出来る〜」

 千聖「ハイ」

梨沙子「話崩れたね」

 愛理「里田さん、ありがとうございました」

梨沙子「ハイ」

 千聖「ハイ」

 愛理「そして二人目、ちっさーですが…」

 千聖「ハ〜イ…」

 愛理「吉澤さんと石川さんと里田さんがゲストでいらっしゃったときに…」

 千聖「(笑)」

 愛理「『よく怒られるひと』のハロプロNo.1に選んでもらいました〜!」

梨沙子「(爆笑)」

 千聖「これって嬉しいのかな〜?」

 愛理「嬉しいことだよ!」

 千聖「よく怒られるひとでしょ、ま、確かに…」

梨沙子「怒られるってことは…、ね、ちゃんとね……(沈黙)」

 愛理「うん」

 千聖「でも、まず最初に、りーちゃんに言われたくないかんね」

梨沙子「…なんで?」

 千聖「よく怒られるひと!」

梨沙子「…うち怒られないもん」

 千聖「Berryz工房の中でいちばん怒られてると思う」

梨沙子「うち!? 怒られないよ!」

 千聖「怒られる!」

梨沙子「あ、確かに、昔は怒られてたと思う」

 千聖「今も怒られる!」

梨沙子「今は怒られないよ! そんなに…」

 千聖「怒られる!」

 愛理「(笑)ハイ、ここは戦っちゃダメよ」

梨沙子「怒られるっていうか注意される」

 千聖「注意されるのは怒られるのと一緒じゃん!」

梨沙子「違いますよね???*1

 千聖「(笑)違いやすもな〜」

千聖・愛理「(笑)」

梨沙子「言葉がもう、難しい!」

 千聖「まぁ、だけど、よく怒られるのはホントだからね…」

梨沙子「確かにね」

 千聖「だけど来年からはね、1回も怒られないようにする…(笑)」

 愛理「今からにすればいいのにさ…!」

梨沙子「そうだよ!」

 千聖「やだよ、来年から…」

 愛理「来年に先延ばしするんだよ いつも、ちっさー

梨沙子「確かに…!」

 愛理「まったく!」

梨沙子「う〜ん…」

 千聖「いいんだよォ、来年からで…」

 愛理「ウウ〜ン そうだよ!」

梨沙子「そうだね」

 愛理「心機一転、来年からだよ」

千聖・梨沙子「ハイ」

 愛理「ハイ! …もう終わっちゃった…(笑)」

 千聖「(笑)」

 愛理「ということで、次3人目、梨沙子ですが」

 千聖「はい」

 愛理「え〜、なんとこれは、わたしたち℃-uteがゲストとして出たときに、『制服がよく似合うひと』でNo.1になりました〜! イェ〜イ!」

梨沙子「嬉しい、ちょっと…!」

 千聖「覚えてらんだない!」

梨沙子「え、どうして…」

 千聖「間違えた!(笑) 選んだ覚えたない」

梨沙子「どうして選んだの?」

 千聖「選んだ覚えない!」

梨沙子「…どうして選んだの?」

 愛理「わたしたちこれ、いつ言ったか覚えてない(笑)」

 千聖「覚えてな〜い(笑)」

梨沙子「なにィー!?*2

 千聖「…けど覚えてない!」

 愛理「覚えてないけど似合うとは思うよ」

梨沙子「あ、ホントー?*3

 愛理「なんでだろ、なんで梨沙子になったんだっけ?」

 千聖「う〜ん…スカートが……スカートがりーちゃんに似合うみたいな?」

 愛理「う〜ん」

 千聖「…印象もあるし、つかね、なんだろ、優等生っぽいのよ、学校…」

 愛理「あ、そうそうそう…」

梨沙子「イヤッ!」

 愛理「真面目に見える」

梨沙子「イヤッ!」

 千聖「いや、真面目には見えないよ」

梨沙子「…え?*4

 千聖「だけど〜(笑)、優等生っぽい …写真だけ見ると」

 愛理「写真…!(笑)」

梨沙子「でもね、卒業証書はね、すごいよ」

 愛理「みんな同じでしょ…(笑)*5

 千聖「みんなおんなじじゃん! ねぇ…、でも髪の毛も長いし、なんかね、三つ編みして制服着てたら…」

梨沙子「わたしね、しないんだ、三つ編みとか…」

 千聖「違うよ!イメージだよ!」

梨沙子「ああ、そう…」

 愛理「あくまでもわたしたち℃-uteの想像だからね」

 千聖「うん」

梨沙子「あ、そっか…」

 愛理「そう、でもNo.1になったんだよ、りーちゃん…!」

梨沙子「そうだね! ちょっと嬉しい!」

 愛理「そうだよ」

 千聖「そうだよ」

 愛理「若々しいよ*6

 千聖「でもね、千聖は嬉しくない〜よう〜な〜」

 愛理「なんでよ?」

梨沙子「でもここはね、喜ぶべきだよね」

 愛理「喜ぶべき」

梨沙子「うん、だってだって、No.1だよ!」

 千聖「イェ〜イ イェイ! レッツゴー!(笑)」

 愛理「ちっさー、レッツゴーが好きです」

 千聖「なに言ってんの!」

梨沙子「そうだね 好きな言葉はレッツゴーでしょ」

 千聖「ここはね、『Don't Stop !』って言っちゃいけないんだよ」

 愛理「Don't Stop…でいいんじゃない? 止まっちゃいけないから…」

 千聖「じゃあいまからDon't Stopにする」

 愛理「ハ〜イ」

 千聖「よ〜し」

 愛理「ということで、続いて、今年の登場回数ランキングにも…にもじゃない…ランキングも紹介していこうと思います!」

 千聖「Don't Stop ! (笑)」

梨沙子「意味がわからない…」

 愛理「ハイ、えっと、えーとBerryz工房℃-uteは何位ぐらいだと思いますか?」

 千聖「℃-uteが1位でしょ?」

梨沙子「え、わかんない… 何位だろな? 5位とか…?」

 愛理「Berryzも公開録音とかやったの?」

梨沙子「やりましたよね?」

 愛理「…そうだよ、わたし出たもん、こないだBuono!として…」

梨沙子「あ、そうそうそうそう」

 愛理「そうそうそうそう …℃-uteもやったよね?」

 千聖「℃-uteもやったよ」

 愛理「…じゃあそれでは、発表です!」


(ぐだぐだなので中略)


 愛理「…じゃあ、第2位です」

 3人「ジャカジャカジャカジャカ*7…ジャン!」「パン!」

 愛理「第8回(?)出演、Berryz工房で〜す!」

梨沙子「やっぱり2位だったんだ!」

 愛理「わーい」

 千聖「…(笑)さっきさ! 5位ぐらいかな〜?って…! やっぱり2位だったかって」

梨沙子「2位だったか え、嬉しいな…!」

 愛理「万博記念公演での公開録音や、2時間スペシャル番組『朝までハロプロやねん!』…」

梨沙子「やったやったやったやった…!」

 千聖「え、やりたいですぅ〜!(笑)」

 愛理「堂々の第2位!」

梨沙子「めっちゃ楽しかったよ」

 千聖「え、やりたい、2時間」

 愛理「どんなことやったんですか?」

梨沙子「朝から夜までは、なんかね…(沈黙)」

 愛理「夜から朝まで…」

 千聖「(笑)」

梨沙子「あ、間違えた間違えた! 夜から朝までは、あのね、ゲームしたりとか…」

 愛理「楽しそう…!!」

 千聖「え、やりたい…!」

梨沙子「ボーリングやった、ゲームで」

 千聖「え、やりた〜い…!!」

 愛理「やりたい!」

 千聖「やりたい!」

 愛理「やりたい …℃-uteもやりたいです!」

梨沙子「…そうですよ! Berryzのもんだもん、いま」

 愛理「なんで…?」

梨沙子「そうですよね? …そうですよね?」

 千聖「千聖たちは…」

 愛理「じゃあ、わたしたちは『夜までハロプロやねん!』」

 千聖「…そうだよね」

 愛理「うん」

 千聖「…10時間ぐらい……24時間!」

梨沙子「それも、それもBerryzのだから」

 千聖「千聖たち『24時間ハロプロやねん!』だもん」

梨沙子「うち25時間がいい!*8

 愛理「てゆうか、一緒にできたらいいね」

梨沙子「そうだね」

 千聖「なんでよ〜! …℃-uteだけじゃん!」

 3人「…あ〜ん!(泣)」

 愛理「ま…」

 千聖「あ、3人でやろうよ」

 愛理「3人でやればいいじゃん!」

梨沙子「そうだよ! 3人でやりたいな」

 愛理「そうだよ 頑張ろうよ」

梨沙子「ね、ね?」

 愛理「お願いします〜!」

 千聖「お願いします〜!」

梨沙子「お願いします〜!」

 愛理「じゃあ、第1位…」

梨沙子「チュンチュクチュッチュッチュルチュ〜」

 千聖「チュルチュルチュル〜」

 愛理「なんでメロディー違うのよ」

 千聖「Don't Stop ! (笑)」

梨沙子「チャカチャカチャカチャカチャ〜ン」

 千聖「Don't Stop !」

 愛理「ジャカジャカジャン! ……℃-uteです!! イェ〜イ!」

 千聖「イェ〜イ!」

梨沙子「やはり℃-uteか…!」

 千聖「イェ〜イ! ハッピーバースデー!*9

梨沙子「あ? 誕生日ですか」

 愛理「9回出演させていただきました」

 千聖「いただきました〜」

(以下、ぐだぐだなので略)

*1:あばば

*2:怒りーちゃん

*3:単純

*4:持ち上げといて落とす、みたいな

*5:的確なツッコミ

*6:???

*7:口ドラムロール

*8:子供か!

*9:アホ

2008-01-08

momma20080108

茉麻と柴ちゃん

| 茉麻と柴ちゃん - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - 茉麻と柴ちゃん - ℃日記(仮) 茉麻と柴ちゃん - ℃日記(仮) のブックマークコメント

(たかぎさん向け)

Hello!Project DVD MAGAZINE Vol.13

〜かしまし エルダークラブ〜


柴田あゆみ

Q.ハロプロメンバーで、妹にしたいのは誰?

A.いろいろとメールをくれる…Berryz工房の須藤茉麻ちゃんは妹にしたいです …というか、妹です(笑)

…なかなか会う機会がないんですけど、こうやってハロー!プロジェクトのコンサートとかで会ったりするときに、あの前日に『あしたは会えますね』とか、あとはメロン記念日のライブがあるときとか『ライブがんばってください』とか、そういう…何だろ? 些細なメールでも、くれるので、あの…可愛いなと、嬉しいなと思うので、ええ、茉麻は、ハイ、妹にしたいなと思います


中1トリオ・その6

| 中1トリオ・その6 - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - 中1トリオ・その6 - ℃日記(仮) 中1トリオ・その6 - ℃日記(仮) のブックマークコメント

(ハロプロやねん! 12/28放送分)

オープニング

梨沙子「皆さ〜ん、今年最後の放送ですよーーーーーーーー!*1

千聖・梨沙子「ハロプロやねん!」

梨沙子「…ひとり言ってない…!」

 愛理「(笑)もう言えなかった〜(泣)」

 千聖「(笑)…ちょっとォ!(笑)」

梨沙子「(笑)なんかね、テンション高いんだよね、ちょっと…」


 愛理「それでは、今週もメッセージを紹介しましょう」

梨沙子「こちらは、東京府中市にお住まいの男性からいただきました 『ことし、2月23日のハロプロやねん…あ? ハロプロやねん…で、ちさとちゃんがりーちゃんには、ちょうのうりょくがあるよ 『ほたるの星』で、山口けんに行たとき、みえる…とかいって、トランプをりーちゃんがぜんぶとちゃった…とはなしていました』…」

 愛理「(笑)片言やん!*2

梨沙子「…『これ、ホントだったらすごいと思います』…ということで〜す」

 愛理「なんかわたしもその話、一緒にしてたかも…?」

 千聖「ね? なんか〜、ある…日、山口県でね、なんかね、やっぱり、楽屋っていうかね…なんだろ?」

梨沙子「楽屋じゃないよ、あそこ」

 千聖「ホテルでもないんだよね」

梨沙子「旅館!」

 千聖「そう、旅館なわけよ! だからね…」

 愛理「(笑)*3…フッフッフ…」

 千聖「旅館がね…(笑) 旅館で、夜ってさ、やっぱり一緒に寝るから3人で」

 愛理「うぉー、楽しそ!」

 千聖「一緒に寝るから…」

梨沙子「寝た寝た」

 千聖「怖いのよ、旅館…!」

梨沙子「怖くないよ」

 千聖「怖い」

梨沙子「ワンちゃんがいたから、可愛かったじゃん」

 千聖「まぁね」

 愛理「は〜、そうなんだ…」

 千聖「そう、いたから可愛かったけどね、ちょっと怖いわけよ だから、夜みんななかなか寝れないの」

 愛理「ふんふん」

 千聖「だからね、トランプをやろうと思って、ね? 神経衰弱やってるときに、千聖と熊井ちゃんはぜんぜん取れないわけよ」

愛理・梨沙子「うん」

 千聖「それでね、ね、そしたら、りーちゃんは、ぜんぶ覚えたかのように、スラスラスラスラぜんぶ取ってくの!」

梨沙子「そう、なんでかね〜、スラスラスラっとぜんぶわかっちゃって…」

 愛理「へっ?」

梨沙子「置いてるところが」

 愛理「う〜ん」

梨沙子「自分でシャッ、シャッシャッ……シャッスル…?」

 千聖「(笑)」

 愛理「シャッフル!」

梨沙子「シャッスルじゃない シャッフル? …やんなかったよね、わたし」

 千聖「シャッフルしたのは熊井ちゃんだったの」

梨沙子「そう、だけど、ぜんぶわたしわかっちゃって、ぜんぶ取っちゃったの」

 愛理「…なんで?」

梨沙子「わかんない」

 愛理「それって、すごいよね?」

 千聖「すごい」

梨沙子「でも、いまそんなことできないよ」

 千聖「だから、旅館…だから余計怖くなるわけよ、千聖と熊井ちゃんからしてみれば」

梨沙子「『え、すごい!すごい!』とか熊井ちゃん言ってたよ?」

 千聖「でも、千聖『怖い…ちょっとどうした? 怖い…!』みたいな」

梨沙子「うんうん」

 千聖「感じだったのよ」

梨沙子「確かに」

 愛理「へぇ〜」

 千聖「だから、これは本当ですね」

 愛理「本当なんだ… 結構、大きな話だよねぇ?」

梨沙子「そうでしょ?」

 千聖「そう、だけどね」

 愛理「その場にいたかったわ」

 千聖「ちょっとね、山口県ではハプニングが多すぎた」

梨沙子「多すぎだね、ホントに…!」

 愛理「なになに?」

 千聖「もうトイレ行くのも3人!」

 愛理「おお〜」

 千聖「そして」

梨沙子「お風呂入るの…」

千聖・梨沙子「…も3人!」

 愛理「おお〜(笑)」

 千聖「寝るときも1枚の布団に…」

千聖・梨沙子「3人!」

 愛理「きっつ!」

梨沙子「だってさ、そうしないとさ…! でもまだ3年生だったからよかったよ」

 愛理「あ、そっか まだ…」

 千聖「そう、まだ身体もちっちゃかったし…まぁ、千聖変わんないけどね」

 (沈黙)

 千聖「よし、…ゴーゴー!(笑)」

梨沙子「レッツゴー!」

 愛理「(笑)なに、いまの話…終わりなの?」

梨沙子「わからないな、ホントに…!」

 愛理「それで終わりなんですか…!?(笑)」

梨沙子「もう」

 千聖「よし!」

 愛理「いいの、もう? 山口県の話はいいの?」

 千聖「いい? ほかになんかあった?」

梨沙子「あったっけ? …!!!*4

 愛理「…なにがあった!?」

梨沙子「あのね、ちょっと怖くなるんだけどね、…いいですか?」

 千聖「(笑)いいですか!?」

梨沙子「あのね…わたしね、学校がすごい古くて、木のね学校なの」

 千聖「そう、山口県だから、木なの*5

梨沙子「そこでね、お化けの探検しようと思って、階段上がってったらね…」

 千聖「そう、それで、熊井ちゃんと千聖は行ってなかったの、怖いっつって」

梨沙子「そうそう、そしたら…」

 愛理「ひとりで行ったの?」

梨沙子「違う」

 千聖「違う…いろんなお友達?」

梨沙子「山口県の学校の友達と一緒に行って、そしたらなんかわたし、足つかまれて転んだの …で、手跡が足に…」

 千聖「くっついてんの! くっきり!」

梨沙子「びっくりした! あれ、ホントに」

 愛理「え、怖…」

梨沙子「…めっちゃびびった あんとき…」

 千聖「そんとき、りーちゃんが『キャ〜〜〜!』とか言いながら」

梨沙子「そうそうそう」

 千聖「走ってきて、手跡がついてんの」

梨沙子「そう、びっくりした、ホントにあれは」

 愛理「え〜! え〜! すごい体験」

梨沙子「山口県、いろいろあったよね」

 千聖「いろいろあったよ」

 愛理「すご〜い ちょっと今の貴重」

梨沙子「でしょ?」

 千聖「でしょ?」

 愛理「わたしもちょっと行きたかったな〜!」

 千聖「いや、でも来てたら泣いてる 1回は」

 愛理「あ〜ホントに!?」

梨沙子「泣いたもんね」

 千聖「泣いたもんね」

梨沙子・千聖「あ〜〜〜(泣)とか言って

 千聖「よし、レッツゴー!」

 愛理「ハイ」

 千聖「(笑)」

 愛理「じゃあ、それでは、今週は、どんな3人だろうね?」

梨沙子「今週?」

 千聖「じゃあ今度はさ、おばさんでなく、おばあさんで行こう!(笑)」

 愛理「じゃあ…」

梨沙子「おばあちゃんズ!」

 愛理「おばあちゃんズ? おばあちゃん…」

梨沙子「可愛くない? おばあちゃんズのほうが」

 千聖「うん」

梨沙子「おばちゃんより」

 千聖「うん」

 愛理「じゃあ、おばあちゃんズで行くよ、じゃあ」

 千聖「いいよ」

 愛理「それでは、今週は、おばあちゃんズな中1トリオでお送りしますのでお楽しみくださ〜い!」

千聖・梨沙子「ハ〜イ!」

 愛理「どんな中1やん!*6

梨沙子「ね」

*1:絶叫

*2:エセ関西弁

*3:含み笑い

*4:息を飲むりーちゃん

*5:山口県だから木ではない

*6:エセ関西弁

mommamomma2008/01/08 12:02あと、柴ちゃんは福田花音と一緒に食事に行きたいそうです…

2008-01-07

momma20080107

岡井ちゃんの妹力はすごい

| 岡井ちゃんの妹力はすごい - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - 岡井ちゃんの妹力はすごい - ℃日記(仮) 岡井ちゃんの妹力はすごい - ℃日記(仮) のブックマークコメント

Hello!Project DVD MAGAZINE Vol.13

〜かしまし エルダークラブ〜

出演していない岡井ちゃんが何度も言及されるという不思議


中澤裕子

Q.ハロプロメンバーで、彼女にするなら誰?

A.(迷って)…岡井千聖

…彼女にしたいって、みんな可愛いし、みんないい子なんで、…難しいんですけど、ハイ、岡井…岡井ちゃんかな?(笑)



岡田唯

Q.ハロプロメンバーで、妹にしたいのは誰?

A.岡井千聖ちゃん

…そうなんです、岡井ちゃんは、わたしにすっごい甘えてきてくれるんですよ だから、わたしもそれをすっごい受け止め…るんですけど、岡井ちゃんとはたまにメールとかするんですよ だから、すっごい可愛くて、わたしも大好きです 岡井ちゃんのお姉ちゃんになりたいです



紺野あさ美

Q.ハロプロメンバーで、妹にしたいのは誰?

A.う〜ん、岡井ちゃん…です

…もう岡井ちゃん可愛いんですよ、すごく なんか 妹でもいいし、なんか、弟でもいい…みたいな よしよし…ってしたいなぁと思います











岡井ちゃん、ホントは長女なんですけどね…

柴ちゃんが妹にしたいのは、茉麻だそうです

2008-01-06

momma20080106

ツアー日記

| ツアー日記 - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - ツアー日記 - ℃日記(仮) ツアー日記 - ℃日記(仮) のブックマークコメント

(ポケモー特設)

Hello!Project 2008 Winter

〜ワンダフルハーツ 年中夢求

ツアー日記

中野3日 ℃-ute 岡井

こんにちはぁ(*^−')ノ


岡井千聖でぇ〜すV(^-^)V今日は、なんと(2)中野サンプラザ3回公演でございます☆


大変だと思いつつめっちゃ楽しみです\(≧▽≦) ノ

今回のコンサートでは曲の間に

MCが何回かあるんですが、そのMCで自分の中での

ハプニングが発生しました(泣)



そのMCで『広辞苑を読みきりたいです』っといった時に『何で読みきりたいの?』

と矢口さんとまことさんに言われて時に『変な言葉をつかっちゃうからです』って

言ったんですね(∋_∈)


それでその例を言った時に失敗をしてしまったんです


本当は、『半熟卵の事を新宿卵って言っちゃったんですよ』っと言うつもりでしたが、

『新宿卵の事を原宿卵って言っちゃったんですよ』っていっちゃって会場が『えっ?』みたいな


千聖は『すみません゙(泣)』みたいな(笑)


次のMCはちゃんと喋れるように頑張ります☆ ですがコンサートの方にも注目してみてください☆


では次のコンサートまでバイバイv(`∀´v)

参考:http://wota.jp/ac/?date=20080104

2008-01-05

Cutie Party 12/29

| Cutie Party 12/29 - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - Cutie Party 12/29 - ℃日記(仮) Cutie Party 12/29 - ℃日記(仮) のブックマークコメント

(2007年最後の放送)

舞美「2007年、最後の放送です!」

愛理・千聖「イェ〜イ!」

舞美「早いね〜」

愛理・千聖「早い!」

舞美「この1年、わたしたちがどう成長したか…じゃあメンバーの目から見て、成長したと思うところをね、簡単に、評価していきたいと思います」

愛理・千聖「ハイ」

舞美「じゃあ、まずは愛理を、わたしとちっさーで、評価しよっか?」

千聖「そうだね」

愛理「ウフフ…!」

舞美「じゃあ成長したと思うところ! なんかある?」

千聖「えっとねー、愛理は…なんか前はねすごく、その、一緒に喋ってるときとか? …何だろ、ちょっと…ちょっとしたね、言い合いっていうか、『違うよ違うよ!』みたいなことがあったんだけど、今は…あの何ていうんだろ? なんか…わかってくれるっていうか…」

愛理「何それ…!?」

舞美「わかり合える?」

千聖「わかり合える仲になったと思うな」

愛理「あら…そうかもね」

千聖「ね、そうだよね」

愛理「嬉しい話!」

千聖「嬉しい話!」

舞美「なんかさ、愛理は…結構トークが苦手とか言ってたじゃん? 前に だけど、なんだろ? こうやってさ、ラジオとかでもさ、やっぱり普段の話とかもいっぱい聞けるし…」

愛理「あ、そう?」

舞美「うん、言葉のさ、使い回しが上手いよね、愛理」

千聖「上手!」

愛理「いやいやいや…!」

舞美「頭の回転がいいんだよ!」

愛理「おほ…! そんなことないって、ありがとうございます…」

舞美「いいことだよ 成長しました〜」

舞美・千聖「イェ〜イ!」

愛理「イェーイ…」

舞美「じゃあ今度は…、ちっさーをわたしと、愛理で…」

愛理「ハイ」

舞美「なんかある?」

愛理「ちっさーは、わたしすごい、これピーンと来たんだけど…」

舞美「うん」

愛理「女の子っぽくなったなーって…」

舞美「ほう〜!(笑)」

愛理「あの、女の子だけど〜」

千聖「な〜に!?」

舞美「うん…そうだよね(笑)」

愛理「ボーイッシュ…っていうところから、ちょっと…ちょっと抜け出したかな?って」

舞美「なるほどね」

愛理「思いますね」

千聖「ありがとうございます」

舞美「やっぱ、ね、年もこう…ね」

愛理「上がるにつれて」

舞美「上がるにつれ、女の子らしさが増していくという…」

愛理「そうよ…」

舞美「それになんかちっさー、いつも元気で、なんか、こうラジオとかでも素のまんまが出てて…」

愛理「そう!…いいと思う」

千聖「あっ、ありがとうございます」

舞美「そのまんまのちっさーだもんね」

千聖「どうも…」

愛理「(笑)」

舞美「…じゃあ、わたしは?」

愛理・千聖「……舞美ちゃん…!?(笑)」

舞美「…何それ!?」

愛理「(笑)…舞美ちゃんは…ね、やっぱ…」

千聖「えーっとね〜」

舞美「(笑)なんで間があんの!? いいよ」

千聖「何だろ、なんかね…」

舞美「どんどん言っていいよ!」

千聖「MCとかは、なんか前に比べたらあんまり噛まなくなったかな?って思う(笑)」

舞美「(笑)…頑張ってるからね」

愛理「あ、そうかも知れない…」

千聖「思わない? なんか、その、やっぱりイベントとかで…」

舞美「噛んでたよね?」

千聖「そう、すんごい噛んでたけど、今はすごく、なに? まとめられるようになったし、誰かが…ホロー? フォロー?」

愛理「ホロー…!!!(笑)」

千聖「(笑)フォロー、すごく上手になったなーて思う」

舞美「でもなんか、やっぱわたしが、つっかかったときはメンバーもフォローしてくれるしね」

千聖「うん」

愛理「舞美ちゃん、全体を通して、去年よりも…」

舞美「(笑)」

愛理「リーダーっぽくなった、より一層…」

舞美「ありがとうございます それは」

千聖「ハイ!」

愛理「そうですね」

千聖「これからも、励まし合って頑張ろうね!」

舞美「そうだね」

愛理「ハイ!」


(兄弟を何と呼ぶか?)

舞美「わたし…は、えーと、お兄ちゃんがふたりいるんだけど、一番上のお兄ちゃんは『お兄ちゃん』て呼ぶのね で、その…真ん中? 3人兄弟の真ん中…その一個上のお兄ちゃんは、あの、あだ名で呼ぶ」

愛理「ああ、ふたり違うんだね」

舞美「そう、両方ともお兄ちゃんなのに、なんか、何故か一番上だけ『お兄ちゃん』て呼んでる」

愛理「あーそうなんだ」

舞美「そう」

千聖「ふ〜ん」

愛理「へ〜え」

舞美「ちなみに、その、家族のみんなからは『舞美』って呼ばれてるのね で、お母さんとかときどき『舞〜』て呼んだりする」

愛理「あ、そうだね!」

舞美「うん」

千聖「へぇ」

愛理「『舞〜』っつてるよね」

千聖「『舞〜』てね…」

愛理「舞ちゃん」

千聖「舞ちゃんと間違えられちゃうみたいな」

舞美「そうなの …え、みんなは?」

愛理「…ちっさーふたりいるじゃん、兄弟」

千聖「そう…」

舞美「えっ? 3人…」

愛理「兄弟、3人だ!」

千聖「そう、3人いるんだけど、一番下の子はまだ喋れないから」

舞美「そうだよね」

愛理「(笑)」

千聖「まだなんかわかんないけど、妹には普通に下の名前で『千聖』って言われるし、弟からも『千聖〜』って言われるけど…」

舞美「へぇ〜」

千聖「家の中では、その妹からは『お姉ちゃん』とか『姉ちゃん』とか…?」

舞美「『姉ちゃん』(笑)、おお〜」

愛理「『姉ちゃん』」

千聖「…て言われるけど、やっぱり、弟とか、その、ほかのママとかパパからは、『ちさ』とか言われる」

舞美「ああ〜、『ちさ』!」

愛理「いいね、みんな」

舞美「なんか2文字になるよね、やっぱ… 『舞〜』とか『ちさ』とか」

愛理「わたし…、ああ〜 …わたしは、弟のことは普通に下の名前で呼ぶけど、弟からは…あ、でも『愛ちゃん』て呼ばれてる」

舞美「あ、可愛い〜」

千聖「可愛い〜」

舞美「『愛ちゃん』」

愛理「年齢が上がってもずっとそのまま」

舞美「へぇ〜」

愛理「『愛ちゃん、お帰り〜』みたいな」

舞美「え、それやっぱりさ、外でさ、『うちのお姉ちゃんが…』て話してたら変な感じするのかな?」

愛理「そう! 学校の掲示物の…ところにかいてあったの、『お姉ちゃん』て」

舞美「ああ〜」

愛理「あ、でもちょっと嬉しかったかも知れない…」

舞美「あ、嬉しい? 逆に嬉しかったんだ?」

愛理「うん、はい」

舞美「へぇ… まぁみんなね、家ではそんな感じですね!」

愛理「そんな感じです!」

千聖「ハイ!」

(『Cutie Party』2007年12月29日放送分)

2007-12-29

momma20071229

つんく♂×岡井千聖

| つんく♂×岡井千聖 - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - つんく♂×岡井千聖 - ℃日記(仮) つんく♂×岡井千聖 - ℃日記(仮) のブックマークコメント

つんく♂ 岡井と鈴木は同級生?

岡井 はい。同じ年です。

つんく♂ 2人はどう違うの?

岡井 多分、愛理の方が大人っぽいです。言う事とかにまとまり感があるんですよ、私はインタビューとかでもヘンな事言っちゃうんです。愛理は自分で考えていう時とか聞いてても、あぁいい事言ってるなって。

つんく♂ 逆に年下の萩原はどう?

岡井 舞ちゃんも自分より年下なのに、言う事が大人っぽいんですよ。

つんく♂ 岡井はどんな風になりたい?どんな大人の女性に憧れるの?

岡井 ”キパッ”と言えるような。

つんく♂ ”キパッ”と(笑)。服装は?

岡井 色んな洋服が似合うような……。

つんく♂ 仕事とかは何をしてる人?

岡井 デザイナーさんとか。

つんく♂ できる女だね。

Q.℃-uteのメンバーで一番『クイーン(女王様)』っぽいのは誰ですか?

岡井 えりかちゃん。

つんく♂ ほう。どういう風に女王様?

岡井 色んな物を持ってるというか、キラキラしたものが多かったり。

つんく♂ ちょっと私服もキラリ系だもんね。

岡井 食べ物も回りにいっぱいあって。

つんく♂ 何それ?食べ物があると女王様?ギャル曽根じゃないんだから(笑)。

岡井 そういう所とかです、はい。

Q.今までの℃-uteの曲で一番好きなのは? 

岡井 『美少女心理』が好きです。

つんく♂ どういう所がいいの?

岡井 歌詞とかも思いが伝わってくる。

つんく♂ ライブ的に好きなのとかは?

岡井 車とかで、落ち着きたい時に聞きたいのは『美少女心理』なんですけど、騒ぎたい時は『JUMP』とかです。

Q.ハロプロメンバーの中で一番怖いのは誰ですか? 

岡井 中澤(裕子)さんなんですけど〜いきなり苗字と名前で呼んでくるんです。

つんく♂ 「岡井千聖!」って。何されるの?「パン買うてき!!」って?(笑)。

岡井 いいえ。で「はい」って言ったら「何でもないよ〜」みたいなそんな感じで。

つんく♂ あれは単純に可愛がってくれてるんだよ。でも怖いもんなぁ(笑)、お母さんくらい年離れてるもんなぁ。逆にちょっと優しいなっていう先輩は?

岡井 吉澤(ひとみ)さんです。コンサートの時とか裏とかで話し相手になってくれる。でも吉澤さんいたずらが多いんですよ(笑)。

つんく♂ どんないたずらするの?

岡井 石川(梨華)さんとかが(ステージで)歌ってる時とかに、裏の階段の影とかで、2人で名前を呼んだりするんです「石川さーん!」て。

つんく♂ 石川はどうするの?

岡井 手を振ってくれたり(笑)。でもその後に「岡井ちゃんのせいで集中できなかった」って言われて、ちょっと困りました(笑)。

Q.最近会った凄い人を教えて下さい。 

岡井 お母さんとファミレスに行った時に、劇団ひとりさんに会いました。緊張しました。

つんく♂ 何食べてたの?

岡井 向こうはスパゲティで、私はグラタンです。あえて同じものを頼まないようにして。

つんく♂ 向こうはわかってないだろ(笑)。

つんく♂ベスト作品集(下)「シャ乱Q〜モーニング娘。」特典ブックレットより

mommamomma2007/12/29 12:37希望があればほかのメンバーもやりますよん

scooterscooter2007/12/29 13:15>『美少女心理』が好きです。
つんくの前で唯一つんくが関わってない曲を(笑)

fuchirinfuchirin2007/12/29 17:00いじられる梨華ちゃんギザカワユス!

mommamomma2007/12/30 00:52>つんくが関わってない
あれ、そうだっけ…?

noknowledgenoknowledge2007/12/31 00:17これは書き起こしじゃなくて転載ですよ!

mommamomma2007/12/31 03:23あ、そうそう 無断転載…

scooterscooter2007/12/31 18:46あれ?つんく作詞作曲だ。なんでこんな思い違いを…………

2007-12-28

中1トリオ・その5

| 中1トリオ・その5 - ℃日記(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - 中1トリオ・その5 - ℃日記(仮) 中1トリオ・その5 - ℃日記(仮) のブックマークコメント

(ハロプロやねん! 12/21放送分)

エンディング

 愛理「…ハイ、えーっと、今回初めて3人でやってみましたけども、…どうでしたか?」

梨沙子「めっちゃ楽しい」

 愛理「…てか、もうさあ…」

梨沙子「いつもの雰囲気じゃない? これ今」

 愛理「うん、なんか…」

 千聖「楽屋ですね」

梨沙子「そう、楽屋です」

 愛理「もう、ホントさっき言ってたように近所のおばちゃんたちの…(笑)……会話みたい(笑)」

梨沙子「そう、近所のおばちゃん会みたいなさ〜」

 愛理「ね(笑)…中1なのに〜…中1なのに!」

梨沙子「そうだねぇ、楽しかったよね?」

 愛理「楽しかった〜」

 千聖「楽しかった …じゃあ、またね、あの〜ね、近所のおばちゃんごっこしようね」

 愛理「(笑)ごっこ…!」

梨沙子「ごっこですかー!」

 千聖「(爆笑)」

 愛理「でもね、わたしは、ちょっと悲しいことがあったの…」

 千聖「え!?」

 愛理「聞いてくれる?」

千聖・梨沙子「うん」

 愛理「あのね、ハロプロNo.1てあるでしょ?」

梨沙子「あるね」

 愛理「あれ〜に、あの、ケーキを作りそうなのは梨〜沙子じゃない?」

千聖・梨沙子「うん」

 愛理「…で、映画監督になるのは千聖じゃない?」 

千聖・梨沙子「うん」

 愛理「わたしはどこに消えた?*1

 千聖「…あそこだ…?*2

梨沙子「あ〜、えっと〜」

 千聖「あ、でもね、カッパNo.1だからいいんじゃない?*3

 愛理「うん、それはねいつもね、心の中で持続中 …え? 持続っていうの?*4

梨沙子「ジゾクチュウ?」

 愛理「持続中? …うん、わかんないわかんない*5

 千聖「(笑)…う〜ん、これは〜、どうしたら…」

 愛理「まぁ、ポジティブでいくしかないよね!」

梨沙子「そうだよね」

 愛理「よくあるよくある」

梨沙子「よくある」

 千聖「♪よくある話ね〜…(爆笑)」

 愛理「ああ〜!」

梨沙子「よくあるよくある」

 愛理「あぁ!」

梨沙子「だいじょぶだいじょぶ」

 千聖「だいじょぶ」

梨沙子「次、次」

 愛理「次、次」

 千聖「そう、次」

 愛理「そして、来週は、2007年最後の放送となりますが、なんと! 来週もわたしたち3人で放送しま〜す!」

 千聖「やったー!」

梨沙子「イェ〜イ!」

 (拍手)

 愛理「今年最後の放送もお楽しみください! 今週のお相手は、℃-uteの鈴木愛理と…」

 千聖「…岡井千聖でした!…あ、間違えた! ゴメンナサイ! 岡井千聖…」

梨沙子「あの、わたしは〜、わたしわたしわたし…!!!」

 千聖「岡井千聖、と…!」

梨沙子「Berryz工房菅谷梨沙子でした〜!」

 愛理「来週もお楽しみに〜!」

千聖・梨沙子「バイバ〜イ!」


 千聖「…すまないな……」

梨沙子「ホントだよ!*6


12/28放送分につづく

*1:消えたアイリーン

*2:適当

*3:適当

*4:千聖と梨沙子を相手に難しい単語を使ってしまい、しまった…!と思った愛理様

*5:わかんない振り

*6:怒りーちゃん